ロールクラッシャ・ファインローラミル

   
 
間隔調整が簡単・短時間で行え処理能力も大幅にアップ
 
陶磁器粘土・耐火原料等の窯業原料の中の小石・木の根・原土の固まり等を砕き、一定の粒子にする事が可能です。
又これに似た原料も同様に粉砕し、細かい粒子にする事が可能です。
   
 
 
悪化する原料事情に対し原土造りの仕上げとして、ローラ間隔を1mm以下での使用が可能と成るように設計・製作致しました。フレームは充分な強度を保ち重荷重にも余力のある構造であり、ローラ自体は耐摩耗性を重視して硬度の高いハイクロム合金を使用しております。ローラの隙間調整は電気制御にて(H-1000E・H-1025E)行っておりますので簡単に希望の隙間に間隔調整が行えます。摩耗により凹凸の増加したロール表面の修復加工は機械本体にチップ式研削機又は砥石式研磨機が取り付けて有りますので、現地で簡単に修復が行えます。
 

仕様 【SPECIFICATIONS】

仕様 【SPECIFICATIONS】
 
形  式H-1015E H-1000E H-1200W H-870 H-530
処理能力60~240ton/hr 40~150ton/hr 40~50ton/hr 10~15ton/hr 3~10ton/hr
モータ容量120kw(合計) 140kw(合計) 55/55kw 30/30kw 7.5/7.5kw
   
 その他上記記載以外の機種も御座いますのでお問い合わせ下さい。

 

粗砕機  CLB 530型 

粗砕機  CLB 530型 
 
 
 硬い大塊の粘土原料、頁岩木節、蛙目粘土等の工程の効率を助成する一次粗砕機です。構造もフラットバーの嵌込式の鬼歯構付ロールで回転も低速にしてありますので上記の大塊も容易に解砕いたします。また投入口も750mmとワイドでかつ、機構は堅固で充分な剛性をもたせてありますので粉砕効率は従来のシステムに比べ数段アップいたします。
   
型  式 全長全幅全高所要馬力毎時能力重量
CLB 530型約2,310mm約1,700mm約1,250mm11kwギアード
モーター
最大通貨大きさ
35mm
10ton~15ton
約3,500kg
 

石抜機  HS-500型

石抜機  HS-500型
 
   
型  式 全 長 全 幅 全 高 除石サイズ主要電力機重量
HS-500型 約2600mm 約2200mm 約1090mm 現状の場合約
30mm以上
5.5kw~15kw
2台
約1600kg
 

お問い合わせフォームへのリンク

お問い合わせフォームへのリンク
 
<<株式会社 石川時鐵工所>> 〒447-0053 愛知県碧南市笹山町2丁目23番地 TEL:0566-41-1219 FAX:0566-48-2723